オーボエとのデュオコンサート


また1か月後の更新になってしまいました……。最近は少しずつ涼しく過ごしやすい日も多くなり、秋の気配を感じるようになりましたね。夏の疲れも出やすい頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。

先月19日、横浜の山手ゲーテ座にてオーボエとのデュオリサイタルをさせていただきました。オーボエの磯部さんとは以前早稲田大学に在学していた時の友人で、音大ではないのに同じ音楽仲間に偶然出会うことができ、そんな彼女とこうしてコンサートができるのはとても素敵なことだなと感じています。

前回は二人で「動物」をテーマにコンサートを行ったのですが、今回は「山」をテーマにイメージを膨らませ、色々な山の表情を映し出せるようなプログラムを作ってみました。

磯部さんはコンサートの3日前に留学先から帰国し、それから合わせという強行スケジュールではありましたが、私にとっては久しぶりのアンサンブルで、ソロとは違う音楽の掛け合いやコミュニケーションなど、とても楽しむことが出来ました。(アンコールの一部をツイッターまたはインスタグラムよりお聴きいただけます♪)

大学時代の恩師も聴きに来てくださり、沢山のアイディアもいただいたので、また次回二人で新たなテーマで取り組めたらと思っています。

そして今月9月30日には、同じく山手ゲーテ座にてソロリサイタルを行います(詳細はこちら)。親しみやすい名曲を多く取り入れたプログラムとなっていますが、前半カプースチンからドビュッシーの第1曲目まではハ長調つながり、没後100年目を迎えるドビュッシーの「子供の領分」の後は、秋らしく月の名曲2曲を演奏いたします。様々な時代の曲が飛び交う(?)プログラムとなっていますが、芸術の秋への入り口として、音楽に浸るひと時を楽しんでいただけたら幸いです。


65回の閲覧

最新記事

すべて表示

コンサートを振り返って④

今回は10月のリサイタルについて書いていきたいと思います。 一つ目は、山王オーディアムにて「未来からくる演奏家を聴く会」に出演させていただきました。とても素敵な会場で、会の方達の暖かいサポートと演奏家への想いを感じることが出来、気持ちよく演奏させていただきました。 そしてもう一つは、毎年留学前から演奏させていただいている、川口市戸塚公民館での「戸塚ふれあいコンサート」。私にとってはずっと成長を見守

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now